2017年03月29日

破産の手続きでは、申し立て者は最初に申請書類を申し立てる人の住む場所を担当する裁

破産の手続きでは、申し立て者は最初に申請書類を申し立てる人の住む場所を担当する裁判所に出すということになります。申請する人による申請書類が届いたら地裁は、破産申請の認定をするのが望ましい根拠があるかなどということを調査する流れになり審議の完了したとき、申請人に支払い不可な状況といった自己破産承認の必要な条件が満たされている場合、自己破産の認可がなされることとなります。ですが、自己破産申立の許可がもらえても、それのみでは債務がゼロになったことにはならないのです。加えて免責の認定を受ける必要があります。免責と呼ばれているのは自己破産申立の手続き上において清算が困難な人の借入については、司法によりその返済を消すことをいうのです。※要は借金額をゼロに戻すことです。免責の場合も自己破産申請の承認の手順と似ていて裁判所管轄で診断がなされて、審査の結果、免責の判定が与えられたのなら自己破産者は責任から脱することになるから負債額は帳消しとなって、そして、カードローンやクレジット支払いが利用できなくなることを除けば破産者が受ける不利益から免れるということになります。ここで、免責非承認(借金をまっさらにはしない)という判断がなされてしまうと返済責任くわえて破産判定者へもたらされる不便は存在し続けることになってしまいます。破産法の免責システムは無理もない要因で債務を抱えて、苦労している人を助けだすシステムです。だから、財を秘密にして破産の進行をしたりするなど、裁判所に向かって虚偽の申立書を提出するなどの制度を悪用しようとする者であるとか、賭け事や旅行などの無駄遣いで多重債務を作ってしまった人達に対してはその自己破産の許諾過程をストップしたり免責承認が許されません。法律によれば免責の認可を受けることができない要因をすでに提示した状態以外でも数多く用意されていてそれについては免責の不許可事由としています。

「店舗の運転資金として闇金から借り入れしました。 お知恵を貸してください。 大阪...」 より引用

店舗の運転資金として闇金から借り入れしました。 お知恵を貸してください。 大阪でお好み屋を経営してます。 今年に入ってから少しずつ、お店の売上が右下がり、 今では、仕入れ代も払えなくなりました。 店を立て直す為に運転資金を借り入れようと思った時、 丁度、ダイレクトメールで融資の案内が合ったので その程度だったら何とかなるだろうと思い50万円を借 りました。 しかし、その借入先がいわゆる闇金…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋


posted by 颯汰 at 15:55| 自己破産